2019年03月01日

【手相】運命線と生命線が重なる部分のある人は、実は強運!

良くないといわれる手相をもつ私の場合。


中指に向かう運命線が生命線の方に寄っていき生命線とくっついてしまったら…言いにくいのですがくっついている期間は運気の良くない相となってしまいます。

 

私の手相はそれなんです。結婚後このように変化しました。

赤の線が運命線、青の線が生命線です。その両方の線が重なっている期間は苦難に遭いやすくなります。苦難に遭う年齢と期間は生命線の流年法で知ることができます。私の場合は結婚した34歳の年から体感では49歳くらいまでの15年間、その不運は続きました。ただ、人によっては運命線で流年法を割り当てた年・期間になる人もいるようで、その場合はもっと若い時期に見舞われることになりますね…。

 

今やこの相があまり良くない期間を表していることはネット上でも紹介されていますので知っている方もいると思います。しかしこんな相の人生を歩いた人の実際の感想を聞く機会はまずないと思います。

 

では僭越ながら、わたくしが代表してこの相の感想を。

 

生きるために新しい生命線をつくる!


私の場合はこれ実際死にかけてるんですよ。生命線が運命線とくっつくとその期間の生命エネルギーが薄れてしまうんです。私のようにこれほど長期間生命エネルギーが侵されるとなると、このままでは私は「過労死」ならぬ「不幸死」しますんで、新しい生命線(黄色の線)を作り出すことで生き延びました。

両方の線が少し重なる程度で、また運命線が生命線とはなれて中指に向かっていくようなら新しい生命線をつくることはないですが、このように長期にわたり線が重なり生命エネルギーがヤバくなっている人ならみなさん新しい生命線を作っているはずです。

生命線を囲みながら立ち上る運命線は守護されている人


私のように運命線の起点が生命線よりから金星丘を囲むように上る人はご先祖さまから守られる人、というか愛されている人だと私は感じます。必然強運です。跡取り運でもあり何番目の子供であろうと長男長女役になる人です。

金星丘を囲むように立ち上る運命線はご先祖さまから愛されてるよ。

私の運命線はもともとはこんな方向から上がる線ではなかったんです。これはこの時この線の見た目通り、先祖が猛烈な凶運・不運から私の生命線を囲って私の命を守り続けたために変化したものです。おかげでこの期間、夫は大怪我、大災難に遭い続けズタボロですが私はまったく無傷です。ただ夫婦ですからそのしわ寄せは全部私にくるんで鬱で心が死にかけてましたけど、、、。

というわけで、過去記事:「仏眼相をもつ私に起きた奇跡」 のときに書いた交通事故に続き、またしても私は先祖に守られたってわけです。私昔から先祖運が強いことに自覚があるんですよ。うちの先祖にとっては私は期待のホープなんだと思います。よく死にかける、ね。笑

運命線と生命線の重なっている時期に起こること。


運命線と生命線の重なっている期間に起こるトラブルは、病気、事故、災難、深刻な家庭不和など人によって様々なようです。それ自体もたいがいキツいですが、それ以外にもこの期間の特徴として悪運・不運がつきまといます。しかも同時多発的にですよ?明らかに運気がおかしなことになってます。そんなわけで私の〝運研究〟は不幸もガチなら研究もガチです。ところがそれを研究し自らが導き出した答えに一番驚愕したのは他ならぬこの私。長年恨み続けた夫と仲良く暮らすことがこの悪運脱出の「鍵」だったとは…

頭抱えましたよ、ホントに。笑

関連記事:

 

 

不遇の時期を乗り越えたあなたの未来はどうなる?


この相はプロの手相家の方もネット上に載せるのを躊躇されると思います。読者の方を不安がらせることは本意ではありませんからね。私もこの相をブログに書くべきか、悩みました。でもこの凶運期を脱した経験のある私だからこそ書かねばならないと思い直しました。私にはこのような相を持つ方に伝えたいことがあるからです。

この相をもつ人は今出口の見えないトンネルの中にいる感覚におちいっているかと思いますが、脱出できます。それはもう必ずです。

だから私はその脱出後のあなたの未来を伝えたくてこの相をブログに書きました。

 

「強烈な苦」を乗り越えたあとは「強烈な楽」がくるっていうのはもうこれ、ニッポンの常識、イヤ世界の常識。私はこの修行期間を出たあとそれまでとは手相がまったく別物に変わり、当然人生も変わっています。あなたも変わるはずです。なぜそう言い切れるかというと、人生が変わるほどの得難いものを心に刻めたからこそあなたは脱出できているからです。

次回はこのような苦行を経た人の人生がどうなっていくのか、私の手相で検証してみましょう。その手相例はあくまでも「私の場合」とはなりますが、あなたも似たような展開になるはずですよ。
だいたいこういうのってパターン決まってるからね。笑

では次回!

 

2019年03月01日 | Posted in 手相 | タグ: Comments Closed 

関連記事