2020年08月25日

【三奇紋】太陽線を主軸とした三又の手相

三奇紋が太陽線を中心にのぼる

 

三奇紋(覇王線)ができたので、その体感を報告


手相の中で最強運としてお馴染みの三奇紋。中でも最高幸運相といわれているのが太陽線を主軸とした三奇紋です。

この三奇紋は太陽線を主軸としているところから人気、人望による成功の相です。

今回はそれが私の手にできたので、できた経緯と感想を書こうと思います。

 

太陽線が枝分かれする三奇紋の意味

太陽線の三奇紋

  • 王者の風格と人徳を併せ持つ
  • カリスマ的魅力
  • 高い開拓魂
  • 自分のなすべきことがわかっている
  • 女性なら専業主婦にはおさまらない

 

生命線からのぼる太陽線の三奇紋の意味

三奇紋が生命線からのぼる

上記の特徴に加え、

  • 自分の経験、生き様を元にして成功する
  • 何かしらの天性的に秀でた才能・特技がある

 

 と言われています。

私の右手にあったのは〈生命線からのぼる三奇紋〉です。

 

〝あったのは〟と過去形なのは、数日前にその相が崩れていったからです、、、

 

 

三奇紋は並みの努力じゃ出ない


ってか、この相ね、できるまでの努力も凄まじいけどキープするのも難しいのよ!
とにかくまずはこの相ができるまでの努力から見てちょーだい!

三奇紋はどんな人にも表れる可能性がある、簡単に言えば「努力の相」ということになりますが、並の努力では出てきません。普通では這い上がれないほどの逆境を乗り越えたり、既成概念を打ち壊すような努力と精神力が必要になります。

アリスの占い館さまより

↑ほんコレ。努力しすぎて死にかけたわ、マジで。

 

あと、私のような生命線から昇る三奇紋は人生でかなり厳しい不遇の時代があるみたい。

不遇の時期は人それぞれだけど私の場合は中年期。結婚後、夫にモラハラ・浮気を繰り返され、我が子も学校で厳しいいじめにあっていた暗黒期です。家庭で起こっている惨状は周りに相談しづらいもの。ご多分に洩れず私も一人で抱え込みました。

結果、心と体を壊しました。

ですがその時の辛い体験を、小さい頃から好きだった文章を書くという趣味を活かして電子書籍を書き上げ、成功の足がかりとしました。そのような私の人生は、生命線から昇る三奇紋の教科書通りの生き方になっていると思います。

いま夫婦関係が暗黒期という方は、ぜひどうぞ!

夫の浮気・モラハラをやめさせたたった一つの方法

BOOK☆WALKER【HOW TO部門】第1位!!

西園寺しらす(著) 

BOOK☆WALKERページへは
コチラから

 

三奇紋の薄い、切れ切れは予備軍


2年ほど前、三奇紋についての記事を書きましたが、実はこの時には私の手にも三奇紋らしき形だけは出来ていました。が、どの線も薄く、財運線には切れている部分もありました。

三奇紋が薄い、切れ切れ

 

このように全体的に線が薄かったり切れ切れになっているのはまだ三奇紋とは言えません。ですが運命線、太陽線、財運線が一点でピタリと集中していれば三奇紋の予備軍と言えます。

だけど当然、予備軍では幸運なことは何も起こりませんした。

それから2年が経った今年の5月のことでした。突然みるみる線が濃くなって、ついに切れ切れだった財運線が繋がり、本物の三奇紋になったのです!

 

三奇紋ができたきっかけ


私の三奇紋が完成したきっかけは、当ブログに「世界闇勢力の陰謀」のカテゴリーの記事を書いたこと。これらの記事の内容は、私についている宇宙人が(←唐突にスイマセン!引かないでくださいね、、、)2年前から私にそれを書くように命じてきていたものでした。

しかしイル〇ナティや陰謀論と呼ばれているものは、一般的には受け入れられにくいジャンルです。なので私は慎重に書くタイミングを伺うことにしました。そして今年起こったコロナ騒動をきっかけにネットでもブロガーが続々と世の中の「裏側の真実」を書き出した流れを見て、私も書きはじめることにしたのでした。

 

 

 

宇宙人の目的


この宇宙人は私に以下の2つのことをやらせる目的で接触してきていました。

  • 夫婦・子育て問題の解決法を伝えていくこと。
    (→これは前述の通り電子書籍にしました)

  • 社会の真実を知った上で、賢く生きることを伝えること。

でした。

 

そんなわけで「世界闇勢力の陰謀」記事を私に書かせることはその宇宙人の当初からの目的であり、私は私で子供の頃からTVで木曜スペシャル、矢追純一「UFOとエリア51の謎特集!」を見てならしてきたクチですので(笑)、その辺のオカルト・真実追求系は書くのも得意です。「世界の陰謀」をブログに書くという目的に対して、心の中で私と宇宙人はタッグを組みました。

ただそこには、最も危惧する問題がありました。

それは、そのような「世界的陰謀」のことを書いていたブロガーたちの中には、その陰謀勢力からの妨害を受けている人もいたということ……。

危険であるという懸念があったものの宇宙人からの猛プッシュもあり(心に訴えてくる)、私はそのカテゴリー記事を書き始めることにしました。実際に書き始めると私は水を得た魚のように記事を楽しんで書けました。宇宙人は私が楽しんで書く文章にとても喜び、私にイマジネーションの力を存分に与えました。

そうなると、私の書く文章はいわゆる〝ノる〟状態になるのです。

結果、それらのブログ記事には爆発的にアクセスが増え、それに伴い出版していた上記の電子書籍はたくさんの人に買っていただけることとなりました。

手相の示していたことが現実になったのです。

太陽線を主軸にした三奇紋は大いなる人気から大いなる金運を得る

 

 

閉ざされた成功への道


ですが、私のブレイクはまったく長くは続きませんでした。

当ブログで人気であった「世界闇勢力の陰謀」の記事を書き続けることができなくなったのです。さらにそのカテゴリーでの看板記事2本を、取り下げることにしました。(なぜそうなったかはヤバい系の話になるので割愛させてくださいっ!笑)

 

その時の私の落ち込みは激しく、しばらくブログを書けず、「もうこのサイトを閉じる!!」ってブログで宣言しちゃったくらいでした。笑

 

なぜそこまで落ち込んだかというと、この分野の記事を書くことで宇宙人が私に力を貸します。それが自分のこれからの成功につながっていくであろうと感覚でわかっていたからです。

三奇紋の持ち主は自分の成功の流れが読めていますから。

 

読めるからこそ、これで成功への足がかりが絶たれたこともよくわかって……ショックだったんです。

 

そして泣く泣く、もう「世界闇勢力の陰謀」の記事は書かないと自分で決めた時、思った通り、三奇紋は見る見るうちに薄くなり財運線が切れ切れになって破城していきました……。

 

そのカテゴリー記事を書けなくなって以来、宇宙人の存在はまったく感じなくなりました。
あいつ、まだ私の近くにいるのかなぁ……

 

この三奇紋を完成させるまでにかかった期間は、夫婦再構築時代の努力から始まっているので12年です。

対して

崩れるのは、

一瞬。

 

……さすがに膝から崩れ落ちましたね。笑

 

現在はだいぶ精神的に持ち直し、ブログをボチボチとでも続けていこうって、またトボトボ歩き出した段階です。

 

 

奇相には目に見えないものの力が働く


三奇紋は三本の線が一点に集中するという奇相です。

私は〝宇宙人が私に力を貸す〟と書きましたが、このような目に見えない不思議なものの力添えは三奇紋の場合はあります。この相がある人なら私のように、そのことに気づいている人もいると思います。

 

三奇紋の幸運期をキープする難しさ


三奇紋ができてわかったことは、この相はできるまでが大変だけど、さらにそれをキープすることも難しいということです。

とくに難しいのは精神面。

これはプロの手相家さんも書いていらっしゃる方がいたから正直に書いちゃいますけど、こういう大きな線を持つ人は必ず〝背負わされる運命〟にあります。背負う内容は人それぞれでしょうがかなり重いものになります。

さらに三奇紋が完成すると周りの空気が一瞬にして変わります。ノッている人を蹴落とそうとする人が集まってくるのです。

実際にはそういう人はごく少数で、それ以上に応援してくれる人の数の方が多いのですが、蹴落とそうとする人の声はとても大きいものです。私のような成功といっても低レベルの小者でもまぁまぁなものがありましたから、大きな成功をする人なら受ける嫉妬も圧力も、エグいことになると思いますよ。これマジで。

 

 

三奇紋のキープには慣れがいる


そのような状況下でも実力を発揮し続けるには、そんな空気感への〝慣れ〟が必要になってくると思います。風当たりの厳しい体験も繰り返し慣れていき、三奇紋が途切れたり、また繋がったりを繰り返しながら、徐々にその相をキープできるような鉄の精神をつくっていくのだと思います。

〝本物の王者〟とは、そういう人なのでしょう。

三奇紋は王者の相

 

または、そういうキツいプレッシャーが逆に楽しいっていう羨ましい性格の人もいるかもね。笑

 

いずれにしてもこの相は、仕事にひらすら没頭しないとキープできませんから、家庭人としての役割がある私のような一般主婦には、少々ムリがあるかと。

やはり三奇紋は完全に〝男性相〟ですね。

あ、あと女性の薄い三奇紋なら旦那さまの運気をあげるんですって!女性ならそっちの方がいいかもですね。

 

ではまた〜。

 

2020年08月25日 | Posted in 手相 | タグ: Comments Closed 

関連記事