2020年10月21日

男性の承認欲求を満足させる方法

夫の承認欲求を満たす方法

こんにちは!西園寺しらすです。

ご無沙汰しちゃってスイマセン!お元気でしたか?

ここ1ヶ月は本業でいくつかの案件が同時進行となり脳みそフル回転でキャパオーバーでした。

 

それはそうと!

今回は「男性の承認欲求を満足させる方法」です。

 

私はこれまで浮気やモラハラをする旦那さまは「承認欲求が満たされていないのが原因」と耳にタコができるほど訴えてまいりましたが、では具体的にどうすれば旦那さまの承認欲求は満たされていくのでしょうか?

その答えはコチラ!!デデんっ!!

 

 

奥さまもお気づきでしょうが、男性は褒められるのが大好きですからね。それも我々女性が想像しているよりも何倍も!!……ですよ?

特に承認不足の男性には褒めが効果抜群です!

そんなわけで困った言動のある旦那さまには〝褒める〟を使って承認欲求を満たしていきましょう!!

 

男性特有の褒めタイミング


と、ここで、奥さまは悩まれると思います。

 

「褒めろったって、どこを?何に対して?」

「褒めたくなるようなこと一切されてないんだけど??」って。

 

私も思った。

 

普通、私たちは褒めたくなる現実が起こってから褒めますよね?ところがそれでは褒めのタイミングが遅いのです。

男性とは先に褒めなければ褒められることはしない、という構造になっています。(特に家庭内では)

つまりこちらが褒めなければ、待てど暮らせど喜ばしく思う行動をしてこないという……

多分ここでほとんどの奥さまは、ズコーッですよ、、、。

なぜなら我々女性は、誰に褒められなくてもシュクシュクと動けるものだから、、、

 

 

褒めどころがない夫


とは言うもののうちの承認不足夫も先に褒めろったって、無茶言うな、としか言えない状況でして…。

夫は家事はいっさい手伝わずいつもテレビを流しながらスマホを触っている人。テレビに映る政治家の発言やニュースに対しては大声で口汚く罵倒して、その悪い言葉を聞いてるだけで私のパワーは吸い取られていくような感覚になりました。

廊下の電球が切れたので替えてほしいと頼んでも夫からは生返事しか返ってこず、何度も何度も催促して3日後やっと替えてくれましたが、面倒臭そうに、嫌いやな態度で、です。

そんな風なので私は夫を家人としての頭数から消去しました。はじめから「いないもの」と思い込めば、時間はかかりますがなんでも一人でサクサクこなせました。

こなせはしましたが、

心は疲弊していきました…。

 

結婚4年目頃からモラハラが始まりました。

ある日食卓に出した七味の賞味期限が1ヶ月切れているのを見て夫は「こんなもん食わして俺を殺す気か!!」と怒鳴りながら私に投げつけました。瓶はものすごい勢いで私の脇をかすめ床に叩きつけられました。その後のキチガイ地味たケンカの展開に私はたまらず家を飛び出しました。

で、夜の公園でひとりブランコに腰掛けてた。

 

そんな日常の中、浮気を繰り返されるようになりました。浮気をしながらも離婚したがらない夫の本意がどこにあるのかを冷静に突き止めようと試みましたが、結論を繰り返すか罵倒が返ってくるだけ。

 

…で。

この男性のどこを褒めろと……?

 

 

笑顔=無言の承認と褒め


そこで思いついたのが前回書いた笑顔大作戦だったのです。

笑顔とは【承認と褒め】を同時に表現できる優れもの、ないところから無理やり褒めネタを探すより自然ですからね。

 

今から13年前、私が意を決して夫に笑ったあの時、天地がひっくり返ることが起きたんです。

 

夫が私に向かって笑い返してきたんです。

 

その笑顔は6年ぶりに見た懐かしい夫の笑顔でした。一瞬にして時空が、出会った頃に引き戻されました。

ああ、そうか。私はこの笑顔を見て「この人とならあたたかい家庭を築ける」と感じて結婚したんだ…ということを、思い出しました。

そもそもナニ考えてこの人と結婚したんだか、もうさっぱりわからくなってましたからね。笑笑

お互いが笑い合えた時、何をやってもビクとも動かなかった錆びついた運命の車輪がギシギシと音を立てて回転し出したのを私はその時、確かに感じました。

 

 

先に褒めることの効能


私が笑顔で【承認と褒め】を表現したあとに、夫は私が褒めたくなることを本当にしました。

ソファテーブルに散乱していた子供たちの残したお菓子の袋を「もう、アイツらはまた片付けんと寝たぁ〜〜」とにこやかに言いながら片付け、テーブルを拭いたんです。

そんなことしない人なのに……。

男性は、褒めるが先、褒められる行動ができるが後。セオリー通りでした。

そのあと会話の中で、「あなたのその考え方いいね!」とか「へぇ、すごいね。」とか、私が夫の話に対しての肯定(褒め)の言葉や、「ありがとう」と言う言葉も出せるような流れになっていきました。

それを続けて夫の承認欲求を満たしていき、私が夫に抱いていたストレスの部分、

  • テレビの内容に口汚く罵倒する癖
  • 極度の面倒くさがり屋
  • 車のあおり運転
  • 多弁症(話が長い、自分の興味のあることを一方的に話続ける)

など生活上にあった問題から、浮気・ギャンブル依存症までを全て解消していきました。

 

 

夫婦で良い現実を引き寄せる方法


夫婦の基本形とは〝乗せあいっこ〟することです。

抱えている問題は各ご夫婦それぞれでしょうが、この基本形ができていないとストレスの芽は大きく育ち、どんな種類の夫婦問題も解決しません。

というわけで、

男性とは「褒めるが先、褒められる行動をするが後」という公式は覚えておいて損はないと思います。

浮気問題など、すぐに対処したい内容であることは重々わかっているのですが、急がば回れ、日常の会話から変えていく以外に解決法はないでしょう。

しかし夫婦2人でやる〝乗せあいっこ〟は良い現実を確実に引き寄せます。〝乗せあいっこ〟しながら人生を逆回転させていってくださいね。

 

ではまた〜。



2020年10月21日 | Posted in モラハラ・浮気 | | Comments Closed 

関連記事