2018年10月20日

あなたの手相が当たっていない?その理由とは。【三奇紋・太陽十字からその謎を紐解く。】

手相が当たっていない女性

「手相って当たらないなぁ〜。」

一般的に言われている手相の特徴と現実の自分の状況を比べてそう感じている人は多いのではないでしょうか?例えば『財運線が長い人はお金持ちタイプです』といわれているのに現実は「全然お金持ちじゃないんだけど・・・」なんてギャップを感じている人も少なくないと思います。

それらの感じるギャップにはまず手相に対する誤解を解く必要があると思います。

三奇紋(覇王線)から手相の誤解を解く。


手相は未来も表しているため【占い】というジャンルに組み込まれてしまいました。しかし実際には手相は脳と直結しているためその多くを語っているのは個人の脳の使い方、思想、個性の方なのです。

例えば手相の中では最強の相、三奇紋(覇王線)という相があります。この相は松下幸之助、ビル・ゲイツなどが持っており億万長者の相として有名ですよね。

手相三奇紋・覇王線

運命線から太陽線と財運線がほうき状に伸びているよ

 

しかし現実にはこの相は「億万長者になれる」のではなく「脳の使い方(発想・行動)が成功しやすい人」であることを表しているにすぎません。

三奇紋はなかなか見ないレア相です。とされていますが、実際にはけっこうこの相の人を見かけます。そしてそのほとんどが億万長者にはなっていません。私の友人にも右手にこの相をもつ女性はいます。それは見事な濃い線で形成された三奇紋だったので私も見たときはビックリしました。その彼女もまったく億万長者ではありません。彼女はシングルマザーで普通にお勤めをし、金銭的に困窮することはありませんが、息子の毎月の塾代がキツいと嘆いているごく普通のお母さんです。

しかしこの相を持つ人に実際会ってものの数分喋ってみれば誰でも気づくはず、この相のある人の個性が確かに群を抜いているということを。

しっかりとした運命線は積極的に行動し努力を惜しまぬ性格を、そこから派生する太陽線は人を心酔させる魅力的な人間性を、さらに財運線で高いコミュニケーション能力とお金に対する貯蓄力・運用力をもっていることを示します。発する言葉、場の身のこなし、カリスマ性、こういう個性と出会った時、人の上に立ち億万長者にもなれる人とはこういう資質の人なのだと頷かざるを得ません。そのオーラは手相なしでも十分伝わってきます。

億万長者

でも私の友人は億万長者になることはないでしょう。なぜならまったくビジネス的成功に興味がないから。この相は黙っていても億万長者になっていくというものではなく、この脳の使い方ができる人が本気で志を持ち、打ち込んで努力をすれば(資質がすでに備わっているので)大成功を収めやすいことを表しています。だからそういう生き方を選ばなければ億万長者にはなりません。

そして大きな成功をするとは同時に大きな困難にあうことも意味しています。その成功が大きければ大きいほど困難の壁はとてつもなく高くなり、同時に敵の数も増えていくことでしょう、人間の醜い一面も見ることもあるはずです。この相があるからといって、ガンガン成功に向かって突き進みたいタイプの人以外、まして私の友人のように女性ならなおさら、そういう厳しい生き方は私はおすすめしません。この脳をもっていること自体、交友関係にも金銭的にも十分人より恵まれます。長い人生ですから人並みに困難に襲われる時もあるでしょうが、必ず乗り越えてひときわ輝きを放ち続ける人であることはこの脳の動き方からしてお墨付きなのですから。

幸せなカップル

太陽十字(芸術十字)から手相の誤解を解く


今度は特異な脳の持ち主、太陽十字の実際をみてみましょう。太陽十字とは薬指に向かう太陽線と、それにクロスして横切る線で形成されている相のことを言います。クロスは感情線と頭脳線の間にできているものをいいます。今回は早めに言っておきましょう、この相をもっているのは私です!笑

手相太陽十字

運命線とのクロスで現れる神秘十字をもつ人はたくさんいますが、太陽十字を持つ人はほとんどいないレア相です。

この太陽十字はピカソにあったことで有名ですね。「芸術面で大成功を収める人」とされていますが、これもまた成功が確約されているのではなく、私の脳が芸術脳であることを示しているにすぎません。この脳は特殊でこの個性の持ち主は例えるなら芸術・創造の世界という水の中を泳ぐ魚のようなものです。

赤い金魚

〈芸術の世界〉と〈現実の世界〉にはまったく相容れない境界線があり、現実社会では魚である太陽十字をもつ我々は息がしづらく、その世界にい続けることで幸福感は消え失せ、みるみるうちに疲弊していきます。そのため必ず毎日「芸術の水」に浸らなければ生きていくことができないのです。そしてひとたび水中に入るやいなやイキイキと輝きを取り戻し、芸術・創造の水の中をものすごいスピードで自由に泳ぎ回ることができます。それが太陽十字のある人の脳(個性)なのです。

創造の海を泳ぐ魚

ピカソなどは太陽十字が右手にあるため芸術脳が実生活で全面に出て、なかなかの変人ぶりを発揮することになりましたが(右手に太陽十字がある人が変人ということではありません!ピカソは性格も性癖も強烈だったからね。)、私に太陽十字があるのは左手だけです。

私は家庭人・母として生きているので例えば人づきあい(子供の学校関係、自治会活動、夫の実家とのつきあい)等で地に足を着けて言動を起こさねばならないという意識がつねに働いています。だから私は社会生活では芸術脳を引っ込めて現実脳へと脳のスイッチを切り替えて生きています。なぜなら私が芸術脳のまま外に飛び出したら社会から浮きまくるから。笑

私の太陽十字が左手(内面)にあって右手(外面)に出ていないとはそういう状況を表しているのです。

とはいえ、水の中の魚であり先天的にヒレしか持ち合わせていない私のこと、陸地(現実社会)をスマートに歩けている、とは思えませんがね。笑

というわけでこの相も三奇紋同様、「必ず芸術的成功者になる」というものではありません。しかし太陽十字のある人は脳の構造がそうであるため芸術的才能が群を抜いていることは確かです。その脳を使って芸術的成功に向かって大海原へと泳ぎだすも良し、趣味として創造の世界を気楽に泳ぐも良し、持って生まれた個性をどう使うかはその人次第なのです。

あなたは自分の個性を活かせるか?


冒頭で語った財運線が長い人、例えば財運線が運命線から出ている人なら積み重ねる努力ができる人、お金を自らの力で産み出し、貯蓄・運用していける地頭の良い脳の使い方をしている人だということがわかります。その脳の動きはサラリーマンより商売、経営者に向きます。

運命線からの財運線

その個性をすでにうまく活かしている人は現実にそうなっているでしょうし、そうでない人は『当たってないなぁ』と思うでしょう。またはいつかの時点でチャンスをつかみ独立する時がやってくるのかもしれません。

しかしその多くの場合は自分の個性を自分で把握し意図的に向かわせる形で成功、または幸福に向かうことになるでしょう。そのため自分の個性を知るということは重要なのです。どういう適性があるかは断片的な1線だけを見るのではなく総合的に他の線をみないとわかりませんから、もし自分の進むべき道に迷っている方がいたらプロの手相家さんにみてもらうっていうのもアリですよね。

まとめ


今回は手相は個人の個性、脳の動き方を表しているのだということをお伝えしました。しかしここが重要、手相にはそれと同時に本人の知り得るはずのない未来が刻まれているというのも間違いない事実です。それらは開運線として、または影響線として、時にフィッシュとなって未来に起こることを我々に知らせてきます。

〈脳の動き方〉という現実的なものと〈未来をよむ〉というスピリチュアルなものとが混在している摩訶不思議な線、「手相」・・・その神秘性には我々も惹きつけられずにはいられませんよね!

以上、「西園寺、手相愛を語る」でした。笑

2018年10月20日 | Posted in 手相 | タグ: Comments Closed 

関連記事