2020年09月07日

運命線の下が大きく三又に別れる【ライトワーカーの壮大な手相】

ライトワーカー の手相

運命線の始点が大きく三又に分岐する相


今回は運命線の起点が三又になっている相です。三本の線にズレがなくピタリと集中しているのが特徴ですよ。

この三又の大きさにも大小あるようですが、ここで取り上げるのは大きく別れている相です。

 

大きく別れている相の特徴

  • 迷いなどはねのける力強い相
  • なんらかの道でトップがとれるほどの実力の持ち主
  • 一生のうちでなにか大きなことをやり遂げる
  • 人を巻き込んで大きな流れを作る人

 

私の手相は、その運命線と三奇紋とが1本の運命線を流用する形で合体していました。

 

分解するとこんな感じですね。↓

 

 

この三奇紋は完成してから速攻でズッコケて消えていった話は、こちらに書きました。

その三奇紋をバックアップしていたものが、この三又始まりの運命線だったのです。

現在は三奇紋の形が崩れましたので、この三又はじまりの運命線も形を変えていくのだろうと私は思っていたのですが、この運命線の形は今も手に残ったままです。

そこで私の人生と照らし合わせ、この相の意味を検証してみました。検証したらこれは想像以上に壮大な相でしたので、そのご報告です!

 

 

大きな三又始まりの運命線はライトワーカー の相


この相は大きなことを成し遂げる相といわれていますが、これはズバリ、ライトワーカーの相、またはその気質をもっている人の相ですね。

 ライトワーカーとは何か、詳しくはこちらをどうぞ。

 

ライトワーカーとはサクッと言えば

地球の人達を助けるために生きる人。 また、見える世界と見えない世界の架け橋としての使命を持って生まれてきた人。

未知リッチさまより 引用抜粋

です。

 

地球て…。笑笑

 

若干冷えた空気の中、負けずに話を続けますね。

 

で、そのライトワーカーの人たちとは肉体は地球生まれですが魂が宇宙から転生してきている人たちなのです。ご本人が気づいていないだけで、実はこういう人たくさんいます。

 

 

地球を支配してきた異星人の存在


地球には過去何千年もの間、人類を支配してきた異星人の存在がありました。それの名前は確か、レ、レ、レプ……
ど忘れしました!笑笑

この異星人は政治、金融、医療、教育、娯楽、食品……など、人類の生ける道のほとんどを悪い方に支配してきました。そんなレプなんとかという異星人の思惑を全て知ったうえで、地球人を守ろうとする良い異星人の存在も目には見えないところで、存在しているのです。

 

 

その支配下の影響


今から12年前、我が家の浮気・モラハラ等をしていた毒夫(当時)との夫婦再構築をしだした時から、私に再構築のためのアドバイスをくれた宇宙人がいることを当ブログで語ってきました。それがレプなんとかとは対抗していた良い方の宇宙人でした。

ライトワーカーとは、その良い宇宙人がレプなんとかの勢力と対抗させるために、人間界に送り込んだ実行部隊なのです。

その良い宇宙人が実行部隊隊員である私に与えた指令は以下の2つ。

  1. 夫の「浮気・モラハラ問題」の解決法を世に伝えていくこと。
    (→これは電子書籍にして発表しました。)

  2. 悪い宇宙人の陰謀をブログに書いて、社会に広めること。
    (→ワケあって頓挫しました!)

 

2.の指令はモロ〝陰謀〟に関することでわかりやすいですが、「浮気・モラハラ」がなんでそのレプなんとかと関係してくるのか、というと、浮気を繰り返していたりモラハラ、ギャンブル依存症の人は発達障害(自閉症)が原因である人が多いんです。(※全員がそうではありません。)

そしてその発達障害(自閉症)になる原因が、レプなんとかの勢力下のもとで作られてきた食品添加物にある、という医学研究説があるんです。
説ですけどね。説です、あくまでも説!!(←無駄な保身に走るしらすさん。)

そんな背景があってライトワーカーであった私は、発達障害の夫と結婚するように導かれました。(実際、難しいパートナーと結婚する人はライトワーカーの人が多いよ。)

夫婦問題解決法、探ってまいりました!

BOOK☆WALKER【HOW TO部門】第1位!!

西園寺しらす(著) 

BOOK☆WALKERページへはコチラから

 

 

運命線に流れ込む生命線の意味


こんな風にライトワーカー とは一見すると、そんな社会の闇とは無関係のように見えて《突き詰めると〝それ〟が関係している事柄》から、人々を守る役目を担っています。

で、ここでやっと手相の話にもどります。この三又はじまりの運命線は三方からの力を一つに合わせて大きなことを成し遂げる相なのですが、その三方とは、月丘側からの線は他人からの人気・支援、下からのぼってくる運命線は自分自身の努力、そして生命線からの線は一般的にはご先祖さま・家族からの支援であるとされています。生命線からの線は確かにそういう意味である人が多いと思います。私も最初は自分の先祖だと思ってました。

しかし2つ目の悪い宇宙人(イル○ナティ、ディープス○ート)の陰謀をブログに書くよう心に強く訴えてきたあたりから、私の生命線から流れ込んできて私を動かしているのは自分の先祖ではない、ということがわかってきました。

そう思った理由は明快。

そんな危険な目に遭うことを子孫に命じる先祖は、うちにはいない!からです。

実際私はそのことをブログに書いて某勢力から、パチコーンいかれましたからね、パチコーン!笑

ではこの線は先祖でなければいったい誰なのか?

そう、この線こそが私の心に命令してきていた宇宙人を表していたものだったのです。

 

ところがこの宇宙人、やはり手相が伝えているように〝先祖〟の意味で合ってたんですよ。それもかなり壮大な意味での先祖です。

 

その壮大な話、太古の地球にまでさかのぼるんだけど、いいかな?

「いや」って言われてもすすめるんだけどね。笑

 

 

人類のはじまりは宇宙人アヌンナキだった?!


サルから人間に進化したというダーウィンの進化論が事実ではないことは、すでにご存知の方もいると思います。人類の始まりとは超古代の地球に最初にやってきた異星人、アヌンナキたちです。

アヌンナキが歴史に登場するのは紀元前3800年頃、宇宙から飛来して現在のイラク南部でシュメール文明を開きました、と今まではいわれてきました。

 

が、そのもっと昔、異星人アヌンナキたちが地球上で一番最初に降り立った地は、実はこの日本だったのです。

 

 

縄文時代は謎の文明


その時日本で始まったのが縄文時代。実は縄文時代とは私たちが学校で習った認識よりもずっと長い期間、ずっと高度な文明が発展していたのです。しかしその次の弥生時代との間に知識・文明の断絶があり、その時代でアヌンナキだけだった人種形成も、変わっているようなのです。

(左から)太古《日本の宇宙文明》が地球を導いた〈高橋良典+日本学術探検協会 著〉、超古代、最古・最高・最尖端文明は縄文日本だった!〈吉田 信啓 著〉、竹内文書でわかった太古の地球共通文化は【縄文JAPAN】だった〈高坂 和導/三和 導代 著〉

 

このような話は某勢力が隠す真実ですので、学校教育にはまったく沿っていません。

で、現在の日本には弥生時代以降の新しい人類の血を引き継ぐ人と、古い縄文人の血を引き継ぐ人が混在しており、ライトワーカーたちとはその古い縄文人の血を引き継いでいる人たちです。そのためアヌンナキたちが遠い遠い祖先に当たります。だから私が宇宙人だと直感した相手の正体はアヌンナキであり、その力が〈先祖として〉生命線から運命線に流れ込んできている、という推測が立てられるのです。

 

龍蛇族は人類の祖


「アヌンナキ」という名は、のちにシュメールに渡り呼ばれた名であって、それ以前の古代日本で栄えたアヌンナキたちは龍蛇族と呼ばれています。現在この龍蛇族系は我々のいる三次元よりも高次元にいて、肉体を持たない意識体となっています。

その名前からも、かの有名な龍神と呼ばれているものの正体とも繋がっていきそうな話でしょう?

 

 

ライトワーカー は縄文系タイプの血を引き継ぐ


この縄文系龍蛇族の血を色濃く残した日本人は現在たくさんいます。多分直感や霊感が人より働く人たちではないかと……。

人類の歴史とはこのように宇宙から飛来したものから始まっていますので、ライトワーカーだけでなく全ての人の人生に宇宙からの影響(意思への介入)はあります。それに気づいていない人がほとんどであるだけで。

しかし手相を編纂した昔の賢者たちは、人の人生が宇宙からの意思の介入により動かされている事実をよく知っていました。それを知っていた証拠が手相の線や丘に宇宙の惑星の名前をつけたことですね。

 

 

まとめ


そんなわけで最後は三又始まりの運命線をまとめます。この相は、ビジネス、趣味などに関わらず、多種多様な活躍をする人に出る相ですが、表向きがどんな立場の人であろうとも根底にあるのはライトワーカー、またはその気質を持った人たちの相です。龍蛇族の血を濃く引く人もいるでしょう。

何れにしても、他者の支援、自分の頑張り、家族・または目に見えないものの支援、その三つの力を一つに合わせ大きな志で世の中の流れを変えていく人でしょう。

ついでに私の手相の意味は、

〈文章を書き、ライトワーカーとして世の中の流れを変えていく人〉でしたぁ〜〜。

 

 

変えれません。笑笑

 

 

2020年09月07日 | Posted in スピリチュアル, 手相 | タグ: Comments Closed 

関連記事