2021年04月28日

宇宙をぶっ壊す?CERNと悪魔儀式の関係とは?

高エネルギー物理学をリードするCERN


今回は宇宙をぶっ壊す存在となるかもしれないと懸念されているCERNについて、さらにそのCERNと悪魔崇拝との関係をみていきたいと思います。

 

CERN(セルン/欧州原子核研究機構)とは、スイスにある世界最大規模の素粒子物理学の研究施設です。

年間予算は800億円。世界中からエリート物理学者が集まっており、3,000人を超えるメンバーで構成されているこの機関の目的は、宇宙の秘密を解き明かすことです。

そんなCERNでは、全長27kmにもなる大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使い、「ビッグバンの再現」や「ブラックホールの生成」を目指し、13兆電子ボルトという超高圧状態下で粒子を高速衝突させる実験など、ケタはずれな規模の試行を繰り返しています。そんなCERNの実験は、一部ではパラレルワールドにも影響を及ぼしているといわれています。

↑赤い円の部分がCERNの巨大加速器のある範囲です

 

 

天才物理学少年からの警鐘


アメリカ、ネバダ州に住むマックス・ローハン君(2015年当時、13歳)は、空気中の電磁エネルギーを集め直流電流に変換するフリーエネルギー装置を、なんと1600円という安価で自作した天才物理学少年です。

 

そんな世界的注目を集める天才ローハン君は、「CERNが最も近いところに存在していたパラレルワールドを破壊した可能性がある」と主張しています

CERNはパラレルワールドの鍵を握ると考えられている「ビックバン」と「ブラックホール」の解明のために、巨大加速器(LHC)で毎秒何億回も粒子を衝突させる実験に取り組んでいるわかけですが、その実験による巨大なエネルギーパワーによってパラレルワールドは破壊されており、その破壊の際、それぞれの世界が相互に干渉し合う。そのためパラレルワールドの方の現実が一部の人々に記憶されたり混乱が起きる現象が起こっているというのです。

その現象とは「マンデラエフェクト」のことです。

昨今のマンデラエフェクト現象の多発は、ここに繋がっていくわけですね。

 

さらに、その粒子同士の超高速衝突実験は、世界的物理学者であるスティーブン・ホーキング博士をはじめ、多数の研究者から「この研究を続けていくと宇宙が崩壊する」との懸念や非難が相次いでいるのです

 

 

セルンのロゴが示すものは?


実はCERNはそんな懸念や非難とともに、イルミナティとの関係など、黒い噂が絶えない機関なのです。それは実験に対するシークレットな部分が多いため、そんな噂が先行しているのかもしれませんね。しかしそんな噂だけを鵜呑みにするのは危険です。

 

だいたい団体の理念というのは、多くを語らなくてもロゴを見ればわかるものなのですよ

では先入観を捨てて、まずはCERNのロゴを見てみましょう。

 

 

CERNのロゴ↓



 

うっ、666…

 

 

 

出回る怪動画


CERNの中庭を撮影したという奇妙な動画がネット上に流出しました。

・・・。

 

この動画の意図はわかりかねますし、実際にナイフを突き刺したのかどうかも定かではありません。

CERNはこの動画に対し、これが実際にCERNの中庭であることを認めながらも、これは「ユーモアの度が過ぎたいたずら。」と不快感を表しながら回答しています。

しかしその一方で、「科学者にはこのようなイメージ力が大切でもあるのです。」との回答があったとの記事もありました。

確かにどんな仕事であれ想像力・イメージ力は不可欠ですが……あー、でもそうやって考えると誰にでもありますよね、少女を生贄にして悪魔召喚ごっこしたくなる時ってねー。

 

って、あるか!!

 

 

まとめ


この動画に対して「内部調査を詳しくする」としたまま、以来、CERNからの回答はないようです。

いたずらであろうとなかろうと、このような動画の存在自体が異常だと思うのですが…。

さらに世界の方に目を向けますと中国では、これまで世界最大規模であったCERNのLHCの実に7倍の能力を持つ大型加速器を2030年完成に向けて開発中なんだそうです。

それが稼働すると想像を絶するエネルギーが発生し時空が切り裂かれ、宇宙の崩壊を招く、と研究者たちはさらに懸念を強めており、世界的な天文物理学者マーティン・リーズ博士は「これは地球だけでなく、宇宙規模の惨事だ」と語っています。

 

まったく、どいつもこいつも…

 

とりあえず世界が壊れないことを祈りましょう、アーメン。

 

 

* * * * * *

夫のモラハラ、ギャンブル依存症、仕事が長続きしない問題。承認欲求が満たされ合うことのない夫婦は激しい憎悪感を募らせながら、だましだまし、夫婦としての生活を続けていた。

ある時、夫の浮気が始まった。

その浮気をきっかけに自分の人生逆転に奮闘しだした、西園寺しらすの夫婦問題解決本、絶賛、発売中です!

夫の浮気・モラハラをやめさせたたった一つの方法

西園寺しらす(著) 750円(税込)

BOOK☆WALKERへはコチラから

 

 

 

 

2021年04月28日 | Posted in オカルト | | Comments Closed 

関連記事